写真のしおり
埼玉県桶川市、川越市にある写真屋さん「ひまわり堂」のスタッフのブログです
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
大井川鉄道 日本の鉄道 60
ごきげんよう、スタッフの山口です。


お隣の国で大変な海難事故が起きてしまいましたが…
想定を超える過積載に、乗客を見捨て真っ先に避難する船長、被害者家族の待機
する横でラーメンをすすり、名簿の横で記念撮影しようとする大臣。偽ダイバーに詐欺、
救難物資を持ち去る市民…さらに己への批判をかわそうと躍起になる大統領。
この国の中身があまりに酷く呆れるばかり…。亡くなられた犠牲者の冥福を祈ります。


さて、久しぶりの今回は
009_20140427184230275.jpg
大井川鉄道 川根温泉笹間渡-抜里間

011_20140427184947aa7.jpg
大井川鉄道 千頭駅

010_2014042718500395d.jpg
大井川鉄道 千頭駅②

以前もご紹介した、静岡の「大井川鉄道」です。
現存するSLに乗ることの出来る数少ない路線のひとつです。

財政的な問題でいろいろあるようですが(苦笑)、それでも鉄道ファンには
たまらない場所です。このゴールデンウイーク、乗るのは難しくても、汽車
をバックに家族で一枚パシャリというのもいかがかと。

ちなみに、日によっては空席もあるみたいです。詳しくはこちら

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

伊豆急行② 日本の鉄道 43
ごきげんよう、スタッフの山口です。


アメリカ・ボストンの爆弾テロは衝撃的でしたが、
そのテロを祝福した動画をupした「なりすまし」の韓国人らしき人物
には呆れました。何人であれこんな非常識な事が出来るのか、と。


今回は前回の続きで、伊豆急行です。
002_20130420175619.jpg
伊豆北川-伊豆大川間

001_20130420175510.jpg
伊豆北川-伊豆大川間
前回にも登場した「スーパービュー踊り子」

003_20130420175651.jpg
この「伊豆北川-伊豆大川間」は撮影ポイントとして有名で、逆側から
望む鉄橋を渡る列車を斜め上から見下ろしつつ相模湾を入れて撮る、
という定番があります。

ちなみに写っているこの車両は伊豆急が誇るリゾート列車
「アルファ・リゾート21」です。
この車両の特徴は、山側の座席からも海の景色が楽しめるようにシートを
少し高く設置してあるんだそうです。

伊豆急でゆったり景色を見ながら温泉でのんびり…なんて夢ですね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

河津の桜 伊豆急行 日本の鉄道 42
ごきげんよう、スタッフの山口です。


先日、兵庫県の淡路近隣で大きな地震がまたありましたが…
阪神大震災以来の18年の事態とはいえ、先の東日本大震災や、
富士山の噴火に関連した予見など、これから起こるかもしれない
といわれる地震に不安を覚えてしまいますね(涙)。


さて今回は、久々の日本の鉄道シリーズで…
004_20130413171555.jpg
伊豆急行 河津-稲梓間 8000系

伊豆急行線(いずきゅうこうせん)は、静岡県内を走る鉄道で、
伊東駅から下田市の伊豆急下田駅を結ぶ路線です。

005_20130413171600.jpg
伊豆急行 稲梓-河津間 251系スーパービュー踊り子

「スーパービュー踊り子」は、JR線と伊豆急行で首都圏と
湘南・伊豆半島を結ぶ列車で名前の由来は川端康成の有名な
小説「伊豆の踊り子」にちなんでいます。

夏色キセキ

夏色キセキ2
伊豆急は、同下田が舞台のアニメ「夏色キセキ」とコラボレーション
していて、「夏色キセキ駅長活動」や様々なオリジナルグッズを展開
して地域を盛り上げています。

時期的にはもう桜も終わりですが、海岸線を走るこの列車の景色は
一見の価値ありです。これから迎える夏に期待ですね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

河津桜
2013.03.08(FRI)

どうも、つよしです。

河津桜まつりに行ってきました。
ちょうど満開でとてもキレイでした。
05_20130307161652.jpg
菜の花とのコラボでたくさんの人が
楽しんでました。
03_20130307163240.jpg
地元でよく見る桜(ソメイヨシノ)より
ピンクが濃かったですね。
09_20130307161650.jpg
花を撮るのに
やっぱりマクロレンズが必要だと思いました。
02_20130307161651.jpg

河津桜まつりは、今月の17日(日)まで
開催しております。
詳しくはこちら!!

ぜひ、近くに行った際
行ってみてはいかがでしょう。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.